オフィスにとらわれない働き方

当サイトについて

このサイトではオフィスにとらわれない働き方として、フリーランスとしてノマド的に働くことや、企業全体で脱オフィスする方法を提案しています。
ITが発達したことでオフィスに縛られない働き方が増え、それにより新しいワークスタイルが充実しています。

また従来は島型と呼ばれるオフィスの内装が一般的でしたが、よりオシャレで遊び心溢れる自由なオフィスが沢山でてきました。

ここではそんな固定観念にとらわれないオフィスを企業別に紹介しています。

今行っている仕事のほとんどは勤務先のオフィスだと思います。
これから勤務先はオフィスにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

基本的に仕事はパソコン一台あれば業務をこなすことができますし、連絡だって携帯電話をはじめスカイプなどインターネットツールを利用すれば問題ありません。

0-98それに週一に参加しないといけない会議だってパソコンに内蔵されているビデオカメラさえあれば遠く離れている人と意見を交わすことだってできるのです。
オフィスで仕事をしていると何かとストレスがたまってしまいます。
自分の仕事をこなしているだけではなく、他人の仕事の手伝いや突然やってくる上司のお小言など仕事に集中したい環境をオフィスで完璧に作り出すことはほぼ不可能です。
だからこそ、脱オフィスを目指してみるのはいかがでしょうか。

個人でしたら自宅やカフェでパソコンをつないでフリーランスの仕事を行ったり、企業に所属している従業員でも在宅勤務が許可されている場合もありますので、切り替えてみるのも良いでしょう。

働く場所も自由に

働く場所はインターネットができるカフェや自宅などが向いています。
自分がリラックスできる空間で誰にも邪魔されずに仕事を黙々とこなしていけば、予想以上に早く仕事を終わらせることができますし、一日のうちで無駄な時間を過ごすことなく効率よく仕事を片付けることができます。

昔でしたら仕事はオフィスで行うものだという固定概念がありました。
ですが、今ではノマドワークと呼ばれるオフィスというものにとらわれないで自分の好きな場所で働いて効率を上げたほうが良いという考えに少しずつシフトしています。

海外では当たり前のようにノマドワーカーはたくさんいらっしゃいます。
日本にもこうしたノマドワーカーという働き方が少しずつ浸透してくる可能性は将来的に非常に高いです。

職場にとらわれないということは、自分が結婚や出産・介護などの事情を抱えていても自宅で今まで通りに仕事をこなすことができることになります。

オフィスで勤めずに自宅やカフェで勤めることでキャリアを積み重ねていくことだって十分できます。

オフィスというストレスに絡まれない働き方を今一度考えてみるのはいかがでしょうか。
きっと思った以上に働きやすい環境に出会えると思います。

■おすすめ記事
M2Mソリューションやスマートデバイスの活用
ニートが集まって起業!?