Buster+Punch

Buster+Punchのオフィス

イギリスのロンドンにある大きな会社・Buster+Punchのオフィス。
このBuster+Punchがどんな会社なのかからご説明しましょう。
Buster+Punchは、イギリスのロンドンを拠点にして展開をおこない「バイクに施す限定カスタム」を手掛けています。
このBuster+Punchにはショールームもあり、ここでは腕のいクラフトマンたちが家具の制作過程を公開。
ここで販売されているものが、どういった工程で作られているのかを知ることができます。
このようなショールームとかねているオフィスというのも珍しいのかもしれませんね。
洗練されたオフィスというだけでなく、作業をする工程をみることができるショー的な要素もあるというのは少なからず訪れる人を楽しませてくれるでしょう。
さて、そんなBuster+Punchのオフィスがどんなところなのかについてみていきましょう。

ポイントはダークカラーの壁

Buster+Punchのオフィスは、ダークカラーの壁で統一されています。
黒っぽい壁はそれだけで上品さを出してくれますが、なんとなく引き締まった印象が出るというのもいいのかもしれませんね。
上質さと一緒に、どこか固いクラフトマンの雰囲気もするのがBuster+Punchの大きな特徴になります。

やっぱり注目はデザインラボ

やはり、このオフィスで一番の注目は「デザインラボ」ではないでしょうか。
このデザインラボこそが、Buster+Punchのすべてをみることができる空間と言っても過言ではありません。
厚いガラスに覆われ、完璧な防犯対策を施されたこのデザインラボには、いくつかの作業台がおかれクラフトマンたちが作業を行っています。
クラフトマンたちは、火花を散らしながら加工を行うなど実際の作業を訪れる人にしっかりと見せてくれます。
これがまた見ごたえアリ!つい、食い入るように見てしまうこと間違いなしです。
また、作業だけでなく「クラフトマンたちがどうコミュニケーションをとりながら作業をしているか」をチェックすることができるのもいいですね。
デザイン性が素晴らしいだけでなく、見て作業の過程を楽しむこともできるデザインラボ。
ぜひとも、このデザインラボの中に入ってみたいですね。

こういうショールームつきのオフィスが増えてくれると、ただ企業の情報を知ることができるだけでなく、実際の作業工程を知ることもできるのでいいですよね。
こういったショールームは、今後もどんどん増えていってほしいです。
見て楽しめるショールームというのが素晴らしいです。
Buster+Punchには、魅力的なオフィスのヒントがたくさん詰め込まれています。