クックパッド

有名な料理レシピサイトの運営会社

クックパッド株式会社は、同名の料理レシピサイトを運営しています。
料理レシピサイト「クックパッド」は1998年の3月に開設されており、最近では携帯電話専用のモバれぴの運営、Android・iPhone向けのスマホアプリ提供もしています。
さらに、クックパッドでは通勤時間を短くして、通勤ラッシュのストレスをなくし業務の効率を挙げられるような環境を整えようと、近距離通勤を推奨しています。
オフィスから1.5km以内の徒歩で通勤できる範囲を特に推奨していて、希望者には30万円までの引越し費用の援助、最大で毎月3万円の住居手当支給を行っています。

オフィスから15km以内の自転車で通勤できる範囲の場合、最大で1万円の自転車通勤手当の支給も行っています。
ただし、住居手当を支給されている人の場合は、自転車通勤手当の支給は受けられません。
この制度を利用している社員からの評価としては、通勤時のストレスがなくなった上、運動不足も解消できたと概ね好意的なものとなっています。

クックパッドのオフィスの特徴

クックパッドのオフィスに入ると、エントランスの目の前には開放感のあるキッチンにラウンジが目に入ります。
オフィスでいきなりキッチンがある、というのもあまり見ない気がしますが、クックパッドという会社の性質を考えると当然かもしれません。

会社の顔とも言えるこのキッチンには、カウンタースペースを増やしたことで、これまでよりも人が集まってくるキッチンとなっています。
何と、冷蔵庫に入っている食材を使い社員が自由に料理をして良いのです。
ラウンジはキッチンを囲むように広がっており、キッチンとの間にはあえて区切りを設置せず、一体感のある空間としています。
普段の食事に使われることもありますし、社内のイベントや全体会議などにも使われます。

エントランスを通過すると、ゲスト向けの会議室とガーデンという打ち合わせスペースが並んでいます。
最も奥にある会議室は和室となっていて、靴を脱ぎ畳の香りの中で打ち合わせが可能なことから人気が高く、予約がなかなか取れないのだそうです。
オフィスの移転で初めてできた共有スペースはLibraryと名付けられ、食についての書籍だけでなく、漫画や雑誌、さらにはシステム関連の書籍まで揃えられています。
まさにLibrary、図書館といった雰囲気です。
ここにはプロジェクターもあり、会議で使用されることもあります。

社内には色々なところにフリーフードスペースが設けられ、社員がちょっとリラックスしたい時に気軽に息抜きできるようになっています。
ここにはお菓子はもちろん、新鮮な果物やドライフルーツなども置かれており、社員の健康面にも気を配っていることが分かります。