ドロップボックス

ドロップボックス

世界で活躍しているドロップボックス。
ドロップボックスは、インターネット上のクラウドサービスを提供するものとしてよく知られています。
日本でも、ドロップボックスを使っている人は本当にたくさんいますよね。
そんなドロップボックスのオフィスが非常に注目されているようなので、調べてみました。

画期的!ドロップボックスのオフィス

ドロップボックスに限らず、海外の有名企業のオフィスというのは本当にユーモアがあるところが多いです。
思わず、「ここがオフィス?」と思ってしまうようなところも。
ドロップボックスのオフィスも、見れば「ここが本当にオフィスなの?」と思ってしまうような、素敵なデザインのところが多くなっています。
ドロップボックスのオフィスは、ドロップボックスの本社と同じサンフランシスコにあるデザイン会社が手掛けました。
全体的にこだわりのあるデザインをみせていますが、一番こだわったのは「照明」「音響」のふたつ。
この点にはかなりこだわったようで、従業員からも好評だとか。

天井からは布がカーテン用に幾重にも垂れ下がり、独特のデザインを描いています。
これが、本当に布でできているの?と思ってしまう斬新なデザイン!「布にはこんなに可能性があるんだ」と思えてしまうほど美しいデザインで、部屋に入るとまずこの布がある天井に目が行きます。

カフェテリアのデザインが凄い!

また、この社内には独自にデザインしたカフェテリアもあり、開放的なイメージが漂っています。
それも、ハワイのようなリゾート地の海辺にあるような、美しいカフェテリア。
テーブルとイスだけでなく、一人でゆったりと座ることができるようなソファも用意されていて、ここはやはり「会社のカフェテリア」というイメージになっていますね。
こんなところで休憩をとることができたら、新しいアイディアがどんどん浮かんできそう!!
社員じゃなくても、一度はこういうところで休んでみたいというつくりになっています。

さすがアメリカ!と思ってしまう、自由は発想のデザインは日本ではみることができないものです。
あちこちに卓球台があり、ユニークなメッセージが描かれた会議室があり、またラグジュアリー感たっぷりの会議室もあり、部屋ごとにいろいろなコンセプトを感じさせてくれるドロップボックスのオフィス。
「こういうところで仕事をしてみたい」と思わせること間違いなしです。
お洒落な空間のオフィスはまだまだ日本には少ないですが、今後はどんどん拡大をしていってほしいですね。