SoftBank

美しい受付

SoftBankのオフィスは美しく街区が整備されている汐留の一角のビルにあります。
ビルに入るとSoftBankのロゴを掲げた総合受付があり、複数の受付嬢が迎えてくれます。
ホテルのような高級感あるロビーが印象的といえるでしょう。

社員食堂

オフィスからは新橋や銀座、築地などにも歩いて行ける距離ですが、社員の多くは25階にある社員食堂を利用しています。
それというのも食堂からは東京タワーやレインボーブリッジが見渡せる解放感あふれる眺望が楽しめ、1000坪のワンフロア全てを使った快適空間に巷で人気の有名チェーン店や、女性が喜ぶデリやカフェメニューが集まるフードコートになっているのです。
夜になれば会社ながらお酒も頂けるバーに変身します。
ビュッフェ形式で自由に好きな物をチョイスできるコーナーのほか、目の前でステーキを焼いてくれるサービスもあり、わざわざ外に出て行く必要はない充実ぶりです。
ホテルのラウンジのような空間に心地よいソファー席のほか、カフェのようなお洒落なテーブル席が用意され、食後には卓球などを楽しめるリフレッシュスペースも用意されています。

ミーティングルーム

そして、11階はお客様や外部の人も利用される機会の多いミーティングスペースです。
フロア一面になんと66部屋もの会議室が並んでいます。
このフロアも眺望がよく、しかもお洒落名テーブルやチェアを備えたオープンスペースも完備しています。
またSoftBankのスマートフォンを体感できたり、孫社長の著書を手に取れる展示スペース書籍を手に取ることが出来るスペースも備えており、商談の傍らSoftBank製品に触れたり、社員がアピールすることも可能です。
次に社員の仕事スペースもチェックしていきましょう。
各グループ会社や部門ごとに別れており、会社ごとにカラーが異なるオフィス空間を作っています。
SoftBankの本社のフロアは、デスクの配置などは一般的なオフィスと同様島型を採用しているフロアが多いですが、非常に整理整頓が行き届いており整然とした印象を受けます。
各フロアからもパノラマビューを楽しむことができ、晴れた日にはお台場まで見渡せるという絶景が広がるのです。
これに対して、グループ会社であるソフトバンクテレコムのフロアは、カフェテリアのようなデスクの配置がユニークです。
カフェのテーブル席を回るように各人のスペースがゆったりと設けられており、眺望のいい窓辺にデスクを配置する人もいます。