TBWA HAKUHODO

大手の外資系広告代理店

TBWA HAKUHODOの前身は、オムニコムグループの1社TBWA JAPANでした。
このグループは世界最大の広告会社グループです。
2006年の8月に設立され、本社は東京都の港区にあります。
元ジュリアナ東京だった場所を改築し、オフィスとしています。

TBWA HAKUHODOのオフィスの特徴

TBWA HAKUHODOのオフィスは、何と最初はボーリング場となる予定だった場所で、総面積が1220坪もあります。
かなり広い場所に作られたこのオフィスのエントランスは6階にあり、シンプルかつ開放感たっぷりの空間となっていて、訪れた人を一気にクリエイティブな雰囲気の中に引き込みます。
エントランスを抜けると、フロア全体を見渡せる階段から執務エリアまで進むことができます。
天井で最も高い部分は5.7mもあり、柱が1本もないこのフロアには、公園を思わせるくらい緑がたくさんあふれています。

執務エリアへ続く階段を下りれば、すぐにカフェが広がっています。
朝にはここでドリンクやパンが並び、自然に人が集まってきます。
このカフェスペースのおかげで、非常に広いフロアであっても他の部署同士での交流も難しくはありません。
執務エリアに入ると、かなりフラットでシンプルな作りになっているのが分かります。

社員が業務を行うのは、基本的には決められた席となっていますが、フリースペースがところどころにあるため、気分で働く場所を選ぶことができるようにもなっているのです。
フリースペースは緑に溢れ、気分が落ち着くので新しいアイデアが浮かびやすく、クリエイティブな業務にはぴったりと言えます。
また、気軽にいつでも打ち合わせを行えるよう、執務エリアの中にはミーティングスペースをところどころ設けてあります。
元ジュリアナ東京の面影を残す1階エントランスも、特徴の1つです。
更に、社員はもちろんゲストも使用できるバーラウンジは、コミュニケーションの場所としても活用されています。
ジュリアナ東京だった時はVIPルームとして使われていたところは、今ではミーティングルームとなっています。
お立ち台のあったところも、ミラーボールが奥に吊るされているなど、そのまま生かして使われています。

元は倉庫スペースだったので、TBWA HAKUHODOのオフィスには窓がありません。
その代わり、Sky Gridという天井照明システムを使っており、時間によって光の色が変わるため自然光が差し込んできているような環境となっています。