フリーランス

企業に属さず個人で仕事をしている人のこと

自営業者や、弁護士やタレントのような自由業者と同様、事業所得を得る形態です。
自営業や自由業と呼ばすに、フリーランスとして活動される方は会社員として働く人もいる業種であるといえるかもしれません。
デザイナーやコピーライター、システムエンジニア、webデザイナーなどの職種に多く見られます。
フリーランスというと、会社に束縛されず自由でうらやましいと思われる方もいるのではないでしょうか。
ですが必ずしも良いことばかりではなく、デメリットもあります。
たとえば自分で仕事を得なければならないことです。
勤めていれば、どんなに忙しくしていても仕事が割り振られます。
ですがフリーランスは仕事がしたくても自分で営業をして信頼されない限り、仕事がなく収入も入りません。
会社員のように毎月決まった給料が支払われるわけでもなく、収入は不安定です。

housewoerk
一方で良い仕事をして信頼されれば、どんどん仕事も増やすことができ、いくらで請け負うかは交渉次第で高額の設定もでき、それを一人で得ることができます。
能力や頑張りがストレートに収益に結びつくのはメリットといえるでしょう。

全て自分で行う

またフリーランスは自分が全てとなります。
基本的に誰かが手伝ってくれるわけではありません。
納期が迫れば徹夜してでも、やり遂げる必要がありますし、自分が倒れれば代わりがおらず、収入も途切れてしまうので体が資本となります。

また会社員と違い手厚い社会保障もないので、病気やケガで休業しても収入を補ってくれる保障もなく、老後の年金額も少なくなります。
自助努力が大切と心得ましょう。

一方会社に縛られず、自由に仕事ができる側面として、仕事が選べ、嫌な仕事は引き受けない、顧客を選ぶことも可能というのがあります。
また稼ぐ時は集中して稼ぎ、長期の休暇をとって海外旅行に行くなどスケジュールを自分で調整可能です。
ストレスになりやすい上司や同僚との関係がないのもメリットかもしれません。

また仕事をする時間も自分で管理できるので、子育てなどとの両立もしやすく、自分のペースで仕事を請け負えるのもメリットの1つでしょう。

朝型で働き、夕方からは自分の趣味や友人や家族と過ごす時間に充てるなど、ワークアンドライフバランスがとりやすくなります。
メリット、デメリットを踏まえて、働き方の1つの選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。