スマートデバイスを活かす

ビジネスの現場は業種を問わずITが欠かせないツール

そのような中で脱PC化を図って営業力アップ、企業収益アップに成功した会社があると聞いたら、驚かれることでしょう。
パソコンは確かに便利なツールです。
ですがパソコンの作業は1人1人の社員を席に固定化し、作業時間を長くする傾向が否めません。
また隣にいる部下や上司にメールで指示や報告をするなど、目の前で言葉で話をすればすぐに済むことが、5分10分の作業になることもしばしばです。
状況の説明が長くなるだけでなく、文章ではお互いに内容の理解に誤解が生じて本意が伝わらないケースもあるでしょう。

0-98これはITによる1つの弊害かもしれません。
また営業職の多くは膨大なパンフレットなど紙の資料のほか、シミュレーションや見積をするためにノートパソコンを持ち歩いています。
ノートパソコンは手軽なようでいて、それなりのサイズがあります。
客先で開く以外は出先ではなかなか開けず、メールのチェックや報告書の作成は帰社後になり、業後の作業に追われて肝心な提案書の作成や営業戦略を練ることに時間が割けないという問題がありました。

スマートデバイスの導入

そこで、どうしたかというとパソコンの使用を止め、スマートデバイスを導入したのです。
スマートデバイスは手軽で直ぐに使えるため、移動中などにも気軽にメールチェックや簡単な報告業務ができ、移動時間や隙間時間を有効に使えます。
クラウド上に資料を蓄積しておけば直ぐにダウンロードして使えますから、訪問先で見せる大量の資料を抱えて歩く必要もなくなりました。

その分、訪問する件数が増えたり、1件1件のお客様での滞在時間が長くなり、じっくり対話する機会が増えたことで成約数の増大に繋がったのです。

また最近では、スマートデバイスの他にも、M2Mという機械と機械のネットワークを導入して、人の手間をかけることなく、作業をスムーズに行えるシステムなども登場しています。
こういった面でもITツールは日々どんどん進化しているといえますね。
M2Mネットワークについては以下のページが参考になります。
M2M・IoTソリューション

さて、スマートデバイスの話に戻りますが、このような脱パソコンとそれに代わるスマートデバイスの導入をサポートしているのが、ドリームアーツです。
パソコンに拘束される時間を最小限にして、直接顧客と会って対話をすること、職場内のコミュニケーションを充実させること、自ら考える時間を増やすことなど、良質なアナログの時間を創造し、ITと上手く付き合うための支援ツールを提供している会社になります。

スマートデバイスだけの営業を強力にサポートするアプリも開発しており、営業職に必要となる一連の業務が一通りこなせるように整備されています。
まさに脱PC化とスマートデバイスによる営業手法を実践し、お客様との対話の中から業務上や経営上の課題を解決するため、このツールを産み出してきたといえるでしょう。