テレワーク

国や自治体などでも推進している注目の働き方

テレワークという言葉を見聞きしたことがあるでしょうか?
これは情報通信技術を用い職場以外の場所で働くことを可能とする新しいワークスタイルの1つです。

テレワークという言葉は馴染みがないかもしれません。
これは英語の「tele(遠距離、離れた)」と「work(仕事、働く)」を組み合わせた造語となっています。
パソコンやインターネット、携帯電話、FAXといった情報通信技術を活用し、場所や時間に囚われずに働くというものです。
みなさんがイメージしやすい言葉でいえば、在宅ワークのことです。
本来の意味のテレワークは在宅ワークだけでなく、モバイルワーク、
施設利用型テレワークと大きく3つの形態に分けることができます。
この分け方は働く内容というよりは、どこで仕事をするかで分けています。

在宅ワーク

まず、在宅ワークは自宅を職場とする働き方です。
請負もしくは会社の従業員として、自宅でインターネット回線を繋ぎパソコンや電話、FAXなどを使って働きます。

子育中の方やご家族に介護を必要とする方がいる場合など、家庭との両立がしやすい形態といえるでしょう。
またのどかな田舎で暮らし、ワーク&ライフバランスを充実させたいといった方にも向いています。
職場に束縛されず、働きたい時に自由に働きたいと考えている方にもおすすめかもしれません。
モバイルワークとは電車での移動中や移動の合間のカフェ、打ち合わせや営業に出向いた客先、
出張先の宿泊ホテルなどでパソコンや携帯電話を通じて仕事をするスタイルをさします。
昔は電車での移動中はある意味無駄な時間でしたが、今は情報通信機器の発達により移動中でも業務が可能となっています。

気をつけたいのは周囲に関係ない人がたくさんいますから、情報漏洩などが起こらないよう配慮したり、セキュリティ対策をしっかりとることです。

サテライトオフィス

そして施設利用型テレワークの代表的なスタイルがサテライトオフィスにおける仕事です。
職場以外の地方都市にあるオフィスや、都心に借りた小さなレンタルオフィスなどでパソコンなどを通じて仕事をします。
社内LANを引くこともあります。

テレワークが厚生労働省や国土交通省でも推進される理由は以下のことが掲げられています。
子育中や介護に携わる女性に仕事をする機会を増やすことのほか、
仕事時間を自分でコントロールすることにより自由な時間を増やし生活や健康の充実を図ることです。
通勤時の混雑緩和、地元にいる時間が増えることによる地方経済の活性化などが期待されるからといえるでしょう。