グループウェアによるワークスタイル変革

ワークスタイルの変化

インターネットの普及により、仕事のスタイルも変わってきました。
一昔前まではデータ等は自分パソコンであったり携帯電話に保存することが主流でした。
しかし現在はクラウドの普及により、データを外出先やネットカフェ等から自由にアクセスすることが出来るようになりました。
また、会社のメンバー等とデータを共有することができるグループウェアも普及しています。

クラウド型グループウェアのメリット

クラウド型グループウェアにはさまざまな機能が集約されています。
それにより、迅速なコミュニケーションを可能にして、情報発信や情報の共有をスムーズに行うことが出来ます。

グループウェアを導入する最大のメリットは情報を共有することができることでしょう。
例えば、営業マンが出先で会社の情報や顧客情報にアクセスできるだけで仕事の効率が上がるでしょう。
また、リアルタイムに情報の共有ができるので、共同作業等の仕事の進捗状況を管理することを可能です。
そして、業務の効率が上がることも期待できます。
例えば、各種申請書類等を電子化してネットワーク上で処理することが可能であれば、事務処理を効率化することが出来ます。
また、グループウェアの掲示板等を利用して社内のコミュニケーションの活性化も期待出来ます。
例えば社員が書き込める掲示板を設置して自由に書き込めるようにすることにより、社員一人一人のことをより深く知ることが出来ます。
このようにグループウェアによるメリットは多々あります。

選択の重要性

グループウェアといっても多くの種類があり、どのようなものを導入するか悩むと思います。
また既に使用している場合でも、入れ替えを検討することがあるでしょう。
選ぶポイントとしては、外部サービスとの連携機能、導入コスト、運用コスト等さまざまな点から考える必要があります。
また、画面の見やすさや使いやすさも非常に重要でしょう。
多くの機能を兼ね備えたINSUITE(インスイート)というグループウェアがあります。
参考→https://www.insuite.jp/

主に大手企業で採用され、高評価を得ています。
特徴としては、簡単にコンテンツの作成できることや、運用管理の負担軽減等が挙げられます。
また、さまざまな現場で情報の管理、統制と、使い勝手の良さを兼ね備えていますので、大規模での運用も可能です。

このようにグループウェアを利用することにより、多くのメリットを得ることが出来ます。
ワークスタイルは時代と共に変化しつつあります。
グループウェアを導入して、より業務を効率化していけたら良いですね。