働き方改革始動!新しい働き方一覧

毎日同じ時間に同じ電車に乗り職場の同じ席に着く、それが当たり前となっている日本の働き方が少しずつ変わろうとしています。

会社に縛られず働く人も増えていますし、IT技術の発展により会社に属しながら自宅や職場以外の場所で働くというスタイルも増えています。

新しい働き方が必要な経緯

東日本大震災で交通機関がストップしたり、計画停電の影響を受けて、一部の企業で在宅ワークを認める動きがありました。
これは災害時の特例的に行なわれたケースもあったようですが、普段の業務でも在宅ワークを認めている会社も増えています。

さらに2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて交通渋滞の緩和を目指し、国全体で「テレワーク」の導入に向けて様々な企業へ働きかけが行われています。

一部の仕事を除き、現在はパソコン・モバイル機器等がインターネットに繋がり、必要なデータがオンライン上で繋がれば、場所を選ばず仕事ができるケースが増えています。

日本は2019年5月から令和という新しい時代に突入しました。

明治・大正・昭和・平成…。
いつの時代にも、新しい仕事と新しい働き方が生まれてきました。

令和というこの新しい時代にも、今までの働き方を進化させた、新しいワークスタイルが必要なのではないでしょうか。

ここでは、既に始まっている働き方と今後導入が期待される新しい働き方。そして新しいオフィスのかたちをまとめて紹介します。

細かい「単語」の意味については、各ページで解説していますので参考にしてみてください。

会社・オフィススペースの変化

テレワーク、コワーキング、ノマドワーク等、様々な新しい働き方が登場する中で、それに対応するべく会社やオフィススペースにも変化が起きています。

良くも悪くも、働き方のイノベーションが起きている最中に私たちはいます。

今の子供達が大人になった時、果たして今の「会社」や「オフィス」はどんなかたちをしているのでしょうか。
その片鱗に繋がる、会社やオフィススペースを簡単に紹介します。

こちらも各「単語」については、各ページで解説していますのでそちらを参考にしてみてください。

その他にも様々な働き方がある

今までの働き方とは違う、新しい働き方や職場が日々増えています。

人それぞれに合わせた働き方により、今までにはなかった新しい仕事が増えていくかもしれません。また今まで働けなかったような人たちが働けるようになる環境に切り替わっていくかもしれません。

多様性、多様性と叫ばれている時代において、働き方について個人も会社も政府も世界も変革していくタイミングにいるのではないでしょうか。

Follow me!